髭脱毛で失敗しないために必要な事リスト


2015年7月28日

毛周期に合わせたヒゲ脱毛

男性は大体10代に入ると次第に髭が生えていきます。勿論人によってその濃さは違、生えている範囲も違います。
オシャレで形を整えている人もいますが、毎日剃っている人も少なくありません。
 

毎日のヒゲ剃りとヒゲ脱毛を比較

朝剃ったばかりの時はきれいな肌をしていても、夕方には次第に生えてきてしまって目立つという人もいます。
中にはヒゲが濃いからと言って、青々としてしまっている人もいます。
 
そんなヒゲは、確かにそのまま生えさせておいたとしてもそれほど不都合があるわけではありませんが、手軽に処理する為には脱毛してしまうのがおすすめです。
 

レーザー脱毛と光脱毛の違い

一般的に多くの人が利用しているがレーザーや光です。前者は医療機関で後者はエステ等で施術を受ける事ができる方法となっています。
 
レーザーの方が施術を受ける回数は少なくても済みますが、光の方が出力を調整して痛みを極力減らして肌に対するダメージも最低限に抑えつつ施術を行う事ができ、当店で行っている脱毛も光照射によるオリジナルの男性脱毛専用機にて行っております。
 

ヒゲは脱毛に時間がかかる事も多々あり

一般的にヒゲと言うのはある程度太い毛が生えています。そのため、レーザーや光を照射してもすぐにきれいになるわけではありません。
 
大体6回から10回は施術を受ける必要があります。そうすれば以前は濃かった髭もきれいに処理する事が可能です。勿論濃すぎて青々としていた人も、もう青い感じはしません。
 
だから髭の濃さがコンプレックスとなっている人にも十分お勧めできる施術方法と言って良いでしょう。
 

個人差はあるが効果はある

また、ヒゲは他の部分に生えてくる毛に比べるとどうも丈夫で、何度施術をしても簡単に処理できない事も珍しくありません。
 
しかし濃く生えていますが、脱毛できないという訳ではないので、心配は不要です。少々他の部分に比べると施術回数を多く見積もっておく方が良いでしょう。
 

脱毛期間中は肌の手入れを忘れずに

実際に施術を受ける時に注意したいのが、施術後の肌の手入れに関しての事です。
 
脱毛施術を行った場合は、肌が強く日焼けをしたような状態になっていてとてもデリケートです。また他の施術方法を選んだ場合も、肌は今までよりも敏感になっている事が少なくありません。
 
その為、適当に手入れをしてしまうと、思わぬトラブルを起こしてしまう事があります。従って、脱毛の施術を受けたら丁寧に手入れをしましょう。
 

保湿を十分に行い乾燥に注意する

ここで注意したいのが保湿です。日焼けをした時にも共通して言えますが、肌は乾燥している状態となっているので、化粧水や乳液等を上手に用いて乾燥を防ぐ必要があります。
 
そうすれば必要以上に肌を傷めてしまう事はなくなります。
 

日焼け対策は肌トラブルのもと

もう一つ注意したいのが日焼けです。男性の場合、女性に比べると日焼け対策をしていない人も少なくありません。
 
しかし脱毛サロンを利用して髭の脱毛をする場合は、肌が黒くなっていると傷みが強くなってしまうだけでなく、肌トラブルの原因となってしまうので注意しましょう。
 
出来ればマスク等を使って日焼け対策をするのがお勧めですが、それが無理だとしてもしっかりと日焼け止めをこまめに塗って、髭の脱毛が終了するまでは十分な対策をする事をお勧めします。